• 発酵食品の宝石箱
  • おなかの健康が気になる方
  • 美容意識が高い方
  • 納豆が苦手で食べられない方
  • すべての方になっとくしていただける おなかなっとく

腸まで届く納豆菌

胃酸に負けない納豆菌

1日2粒で腸まで届く納豆菌10億個以上(納豆20パック分以上)

通常の納豆では、1g中に約10億個の納豆菌が含まれると言われますが、食べた時に胃酸で大半が死滅し、おなかの中では納豆1パックあたり100万個程度の納豆菌しか生息しないと考えられています。(参考資料:納豆百科事典)

 

おなかなっとくは特殊製法&フリーズドライ加工により胃酸に負けない納豆菌(耐熱性芽胞菌)が2粒で約20億個(※)も腸まで届きます。腸まで届いた納豆菌は、悪玉菌に負けない強い菌で腸内で善玉菌として働きます。

納豆菌のはたらき

納豆菌は善玉菌として腸内で様々な働きをします。

 

整腸作用

納豆菌は腸内に長期間生存することができ、多くの悪玉菌を減少させます。また善玉菌のえさになることで、善玉菌を増やす効果も認められています。その結果、腸内環境を整え、腸本来の機能を充分に発揮することができるようになるのです。

抗菌効果

納豆菌は食中毒の原因となるO-157をはじめ、サルモネラ菌などいくつかの菌に対して抗菌効果があるといわれています。

有用成分の産生

納豆菌は美容のビタミンB群、骨によいビタミンK、抗菌効果で注目のジピコリン酸、細胞分裂を助けるポリアミン、血栓溶解効果で知られるナットウキナーゼなど、様々な有効な栄養・酵素を産生します。


植物性ナノ型乳酸菌
高栄養価・低カロリー

商品のご注文はこちらから




ネットショップ店長:刑部亮
1977年浜松市生まれ。1児のパパ。生まれた時から自然食品で育てられ、今は子供に食育中。趣味は山登・キャンプ・お酒・ダイビング(ブランク中)
ページ上部へ戻る