• 発酵食品の宝石箱
  • おなかの健康が気になる方
  • 美容意識が高い方
  • 納豆が苦手で食べられない方
  • すべての方になっとくしていただける おなかなっとく

デブ菌退治には納豆。でも気を付けないと逆効果!?

最近よく見かけるようになったデブ菌という言葉。そんな嫌な菌を減らすにはもち麦が有効と紹介されましたが、直近では納豆がオススメと著名な先生が言ったことで話題となっています。しかし気を付けないと逆効果になることも。デブ菌と納豆についてご紹介します。

そもそもデブ菌とは?

そもそもデブ菌とは何でしょうか?

デブ菌とは腸内に住み着く腸内細菌で、体に必要がない栄養、例えば必要以上の脂質や糖質など本来は排出すべき栄養を吸収してしまう菌のことを言います。

 

これはアメリカのとある病院を中心とした研究チームがデブ菌の存在を発表したことに始まります。

 

難病の治療として、健康ではあるが肥満のボランティアが提供した便から腸内細菌などの微生物を抽出し、病気であるが標準体型の患者に移植したところ、病気は治ったが肥満になったという報告から、肥満を促進する菌の存在を示しました。

 

さらにワシントン大学などでも肥満マウスの便を通常マウスに移植すると太るという結果も出ていて、腸内フローラが肥満に関係していることは確実とみられています。

 

痩せてる人も、あなたも、私もデブ菌がいる

こんな困ったデブ菌は実はどんな人にも住み着いている菌と考えられています。

ただ問題なのはその比率。

 

腸内環境のスペシャリストである辨野先生によりますと、デブ菌と痩せ菌の比率が4:6が理想なのだそうです。

 

とはいえ今確認できている腸内細菌のうち、どの菌がデブ菌かという詳細は分かっていないのですが、デブ菌と痩せ菌に分けることはできるそうです。

 

分からないのに分類できるのはちょっと不思議だなっと思った方、いるかもしれませんね。

 

 

腸内細菌は微小に加え空気に触れると死ぬことも多く研究が難しく、まだ解明できていないことが多いです。

 

そうなると、とある腸内細菌が「乳酸」を出しているようだけれど、その他の詳しい働きなどは分からないなどの状況が生まれます。

すると「乳酸菌の仲間」だけど個々の働きが不明な菌、ということになります。

(※「乳酸菌」は乳酸を出す菌の総称であって1つ1つの腸内細菌の名前ではありません)

 

デブ菌は脂肪や糖質を必要以上に吸収するけど、詳細はまだ不明な菌ということです。

 

今、憎きデブ菌が「ファーミキューテス菌(フィルミクテス菌)」の仲間で、嬉しい痩せ菌が「バクテロイデス菌」の仲間ということまで分かっているそうです。

 

(※ちなみに菌の世界では細菌群や分類した菌の一門のことを「門」と呼ぶため、「ファーミキューテス門」とか「バクテロイデス門」と言ったりします。)

 

腸内細菌の分類ということになるとちょっと気になるのが善玉菌と悪玉菌の分類。

多くの人にとって嬉しい痩せ菌が善玉菌で、迷惑なデブ菌が悪玉菌?と思いますがそう単純でもないようです。

 

デブ菌は悪玉菌で、痩せ菌は善玉菌、とは限らない?

単純に考えるとデブ菌が悪玉菌で痩せ菌が善玉菌、と思いますよね。

しかし、デブ菌のファーミキューテス菌も痩せ菌のバクテロイデス菌は「日和見菌」に分類されています。

 

日和見菌とは人にとっていい働きをする場合と、悪い働きをする場合がある菌です。

善玉菌が優勢の時にはいい働きをし、悪玉菌が優勢の時には悪い働きをする、調子のいいスネ夫のような(?)振る舞いをします。

 

痩せ菌として嬉しい働きをするバクテロイデス菌も、悪玉菌が優勢になると食べ物を腐敗させるような働きをしてしまうのです。

 

せっかく痩せ菌がいても悪玉菌のような働きをするのではとてももったいないですね。

痩せ菌には痩せ菌として働いてもらうことが大切です。

 

デブ菌対策は納豆が最強

それではデブ菌と痩せ菌のバランスを理想に近づけるにはどうすればよいでしょうか?

それには以下のような状況になることが有効と言えます。

 

・日和見菌の痩せ菌が、痩せ菌として働くために、善玉菌を優位にする

・デブ菌の繁殖を抑える

 

前述の辨野先生によると、デブ菌を減らすための最強の食材として納豆を挙げています。

 

その理由は以下のためです。

・納豆菌は植物性乳酸菌であり生命力が強く、驚異的な繁殖力によりデブ菌を減らす

・腸内フローラを育て、善玉菌優勢の腸内環境を作り出す

 

ではたくさん食べればいいかと思うと意外な落とし穴が

実は納豆は意外と高カロリーなので、食べすぎると逆効果になることも

というのも納豆は1パック50gで100キロカロリー

ごはんと一緒に食べるとさらに高くなります

辨野先生は1日2パックがおすすめということです。

納豆サプリ「おなかなっとく」なら2粒で3キロカロリーなので安心です♪詳細はこちら

 

その他のオススメ食材は

・オリゴ糖

・食物繊維(野菜、果物、海藻)

・乳酸菌(ヨーグルト)

・発酵食品

 

納豆や腸にいい食材を積極的に摂って、理想の体を手に入れましょう!

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    ノンコ (金曜日, 12 5月 2017 17:10)

    毎朝納豆食べている夫だけど太ってる。食べ過ぎたから?

  • #2

    刑部 (月曜日, 15 5月 2017 10:38)

    ノンコ様、コメントありがとうございます。納豆は意外とカロリーが多いのに加え、ご飯と一緒に食べることもあり、場合によってはデブ菌抑制よりも上回ってしまったのかもしれませんね(^-^;
    でも納豆は栄養バランスがとってもいいのでぜひ食べ続けてください♪





ネットショップ店長:刑部亮
1977年浜松市生まれ。1児のパパ。生まれた時から自然食品で育てられ、今は子供に食育中。趣味は山登・キャンプ・お酒・ダイビング(ブランク中)
ページ上部へ戻る