• 発酵食品の宝石箱
  • おなかの健康が気になる方
  • 美容意識が高い方
  • 納豆が苦手で食べられない方
  • すべての方になっとくしていただける おなかなっとく

妊婦さんは便秘にご注意!~その薬、大丈夫?~

ほとんど便秘にならない妻が便秘がちになりました。珍しいなと気にもしてなかったのですが妊娠すると便秘になりやすいんだよと医者からも言われてたようです。妻は薬を飲みたくないと便秘と戦っています。薬以外でいい方法を考えたいと思います。


妊娠すると便秘になりやすい?

妊娠すると便秘になりやすいってご存知ですか?恥ずかしながら小生も知らず、妻が妊娠して実際になったのを見て知りました。妻は医者からなりやすいですよと言われてたというので妊婦の中ではよく知られたことのようです。


妊娠すると便秘になりやすい理由として、以下のことがあげられます。


①ホルモンの影響

妊娠すると分泌量が増える黄体ホルモン(女性ホルモンの1つ)というものがあります。赤ちゃんが育ちやすい環境を整えたり体温をあげたりする一方で、腸のぜんどう運動とよばれる「便を運ぶ働き」を「抑制してしまう」という一面もあるそうです。


②赤ちゃんが腸を圧迫

赤ちゃんが大きくなると腸を圧迫し、便の通る道が細くなってしまいます。


③食生活と運動不足

つわりなどにより食べられるものが減り摂取する水分量が減ってしまったり、運動不足などで正しい生活リズムが崩れてしまいがち。


ではどのようにすればいいのでしょうか?


妊婦さんに便秘薬はよくない?

便秘は放置すると腐敗便から有害物質が体に吸収され、肌荒れや吹き出物などの原因に。便秘になったら下剤を飲めばいい、と思った方は注意が必要です。市販の下剤の中には子宮収縮作用が含まれているものがあり、早産や流産を誘発してしまう恐れがあるというのです。


ただでさえ妊娠中は薬を気をつけている方も多い中、今まで気軽に飲んでいた方も慎重に選んだ方がよいです。


薬を使わず、腸を元気にするには?

では薬を使わず、便秘を解消するにはどうすればいいでしょうか?

 

運動もいいですがデリケートな時期でもありますし、最も効率的なのは腸を元気にする食事です。善玉菌の代表・乳酸菌をたくさん含んだヨーグルト、漬物などの発酵食品、善玉菌だけがエサにできるオリゴ糖、食物繊維がたっぷりの豆、イモ、海藻類などがおすすめです。


ただ食物繊維は不溶性(豆・芋・きのこなど)と水溶性(海藻など)があり、不溶性に偏りすぎると逆に便秘を悪化してしまうことがあるので注意が必要です。


また意識的に水分を取ることも忘れないようにしましょう。


腸が元気で薬も不要に?

腸によい食べ物をとると便秘解消の他に、もう一つ嬉しいことがあります。妊婦さんは特に薬の摂取には慎重になる時期ということで、注意したいのが風邪やインフルエンザをはじめとした病気ですよね。


病気は自分の体がもつ免疫を高める事でかかりにくくすることができます。そしてその免疫の鍵は腸が握ってします。というのも人体免疫の60~70%が腸に集中しているからです。


便秘のみならず、免疫を高めるためにも腸によい食べ物を積極的にとりましょう。


関連記事





ネットショップ店長:刑部亮
1977年浜松市生まれ。1児のパパ。生まれた時から自然食品で育てられ、今は子供に食育中。趣味は山登・キャンプ・お酒・ダイビング(ブランク中)
ページ上部へ戻る